Search
Search Menu

原因①金属アレルギー

金属アレルギーが原因なら、早めの治療

金属アレルギーによる皮膚炎をこじらせない

年齢が若い頃なら、美しいデコルテラインを手に入れたいと思うことも当然でしょう。ただ、そう思っても、視線のいく首からデコルテ部分にイボができては、せっかくデコルテラインのお手入れをしたとしても台無しになってしまいます。最近では、首にイボができる年代も若い年代からあるといわれ、増加傾向にもあるといわれています。加齢の原因でないとすると、考えられる一因は金属アレルギーがあるでしょう。そもそも金属アレルギーは、男性より女性に多い傾向にあり、金属アレルギーに悩む女性自体が少なくないのです。皮膚に炎症が起こっている部分を中心にイボも発生することとなってしまい、炎症をこじらせるとイボも色素沈着を起こしてしまうという悪循環に陥る可能性が高くなります。金属アレルギーとの関連は、首のイボという表面的なものだけに限らず、金属イオンが血流で全身に運ばれると、全身性皮膚炎にまで発展してしまうことさえありますから、首のイボはもちろん、まず、金属アレルギーを治療するようにするためにも、きちんとした医療機関での治療をしたほうが良いでしょう。

金属の刺激を遠ざけるような生活をする

知らないうちに金属アレルギーになっていた、知らないうちに首のイボができていた…。どちらも知らないうちに発症してしまうことがあります。金属アレルギーが思い当たるとしたら、少しでも軽症のうちに治療をしておかないと、首のイボはどんどん増えてしまうことになるでしょう。金属の使用品を避けることが首のイボを増やさない近道でもあります。例えば、どの金属に対してアレルギー反応を起こしているのかは自分ではわかりませんが、とりあえず思いつくものとしては、ヘアピン、ピアス、下着の金具、化粧品、アクセサリー、ベルトのバックル、腕時計、革靴、文具、調理器具、携帯、硬貨など、日常生活の中にいろいろあります。なるべく金属類を遠ざけて生活をし、一度、どれに反応しているか検査をしてもらうと良いでしょう。