Search
Search Menu

原因②紫外線

紫外線をまず浴びないこと

首も顔と同じように、紫外線に注意をすること

首のイボに対して、紫外線の影響も考えられます。シミやほくろ、そばかすなどの原因になるといわれる紫外線ですが、やはりイボも例外ではありません。紫外線を多く浴びると、皮膚の中の細胞をすさまじい勢いで攻撃してしまうからで、薄くてデリケートな首周りの皮膚は、すぐ赤くなって熱を持って症状に現れてしまいます。皮膚の老化を招いて、皮膚を変化させてしまうのです。皮膚表面の摩擦よりももっと広範囲にダメージを受けますから、しっかりとした紫外線ケアをしなければ、イボをはじめとした肌のトラブルであるシミやほくろ、そばかすなどにもつながることは必至でしょう。イボは医学的治療ですぐに取れますが、取ったとしても安心してしまったら、また再発の繰り返しです。イボで悩みたくないのであれば、普段からの紫外線対策は徹底して行うことが大切で、化粧品を使用したケアや首まわりを優しく包む程度の保護をしていきましょう。首も顔と同じように注意をすることで、キレイをキープすることができるのです。

紫外線対策でイボを作らせないようにすること

少しずつでも紫外線を浴びていると、防御反応のために肌の表皮でメラニン色素が作られることはご存知でしょう。防御反応だけなら、本来は良い役割ですから問題ではありませんが、肌のターンオーバーが不規則になったりして排泄をされなかったりすると、メラニン色素は蓄積されてしまいますから、肌が色素沈着を起こす他、光老化という現象で盛り上がったり、角化したりして、イボとなってしまうこともあります。特に色白の方はイボが目立ってしまうため、見た目での印象も良くはなくなりますから、何としても避けたい事態ではあるでしょう。顔と同じように、首にイボがあると気になるものです。そこで、いつもの肌のお手入れから手を抜くことなく潤いを与え、日焼け止めクリームや日焼け止めグッズで紫外線対策をすることによって、結果的にはイボを防ぐことにもなりますから、心がけでいきましょう。