Search
Search Menu

原因③加齢

加齢によって首のイボは増えていくもの

老人性イボといわれる、加齢によるイボ

一般的に、だいたいの方にはシミやシワと同じように、加齢によって首周りにもイボがポツポツとできてくる現象が見られます。加齢といっても中高年といわれるような年齢を待たずに、早ければ20代~30代のうちから、ふと気がつくとだんだん増えていくことになっているでしょう。最初は気にも留めないほどの個数だったイボが、いつの間にか、ここにもあそこにもという具合に増えてしまうのです。痛みやかゆみはないことが多いですから気づかないうちに…ということになりますが、時にはかゆみに気づいて触れてみるとできていたということもあります。なぜ、加齢によって増えていくかというと、摩擦の問題が大きく関わっているでしょう。衣服や下着とつける際の摩擦や汗によって拭き取る時の摩擦、首を傾けたりする時の摩擦など、年齢を重ねるほど長時間、摩擦を受け続けていることによる刺激が考えられるのです。気にして触ったり、服飾類で隠したりしていると、余計に刺激を与えてしまうことになりますので、気になるようでしたら形成外科や皮膚科に相談することをおすすめします。

医師に相談することが一番の得策かもしれない

年齢を重ねると、どうしても肌のトラブルの一つや二つは出てくるものです。首のイボもその一つで、加齢だから仕方ないといってしまえばそれまでですが、アンチエイジングの化粧品を使用したり、あらゆる原因となる元を作らないようにしたりすることが大事になります。加齢ですべてを諦めていない方であれば、このような努力を積み重ねていくことも生きていく糧となるでしょう。長年にわたって増えてきてしまった、あるいは急に出てきてしまったものですし、皮膚のことになりますから、自分で消すようにはなかなかできませんが、何とかしたいという気持ちがあれば、いろいろな方法を試すことが重要になります。ただ、自己流でお手入れしているうちに悪化することもありますので、思い切って医師に相談することが一番の得策かもしれません。