Search
Search Menu

スベスベお肌になるためのスキンケア!透明感のある肌を手に入れる!

きれいな肌の人に出会うと、つい吸い込まれそうになりますよね。
そんな人から、「ファンデーションをつけるのが苦手で・・・」なんて言われると、えぇ?!そうなの?!って、劣等感でいっぱいになってしまいます。

 

美肌って、意外にほんの少しの「心掛け」で叶ったりするものです。

今回は普段の生活を少しだけ見直して、すべすべ美肌になる方法をご紹介します。

年齢にともない肌は劣化

【加齢により肌ってどう変わっていくの?】

加齢に伴い肌に現れてくるのが、「しわ」「シミ」「たるみ」の3大肌トラブルです。20代半ばから肌の水分量が減少することより、肌へのトラブルも増えてくるのですが、しわ、シミ、たるみの三大トラブルは、現れ方は違いますが、起こる原因は共通しています。

《三大トラブル起こる原因は3つ》

  • 原因①肌の水分量が減ってくることにより、肌が乾燥してしまう
  • 原因②睡眠不足、ストレスなどによるメンタル的な要素
  • 原因③紫外線による光老化といわれるもの

これら3つの原因は、あの「毛穴開き」にも直結しています。3つの原因を対策することで、美肌への道が見えてきます。

【肌に透明感が現れるとは】

先程、ご説明した肌トラブル3大原因とつながってきますが、肌に透明感がある状態とは、肌の色、キメ、ツヤがすべてそろっている肌です。
潤い、瑞々しい、色白肌といった方がわかりやすいですね。

「透き通るような美肌」と言われるものです。

【透明感を手っ取り早く出す方法】

それは、肌に水分を補給することです。乾燥して、カサついている肌に透明感は現れません。

 

《手作りブースターを使って乾燥対策》

簡単に自宅で作れるブースター(導入液)の作り方をご紹介します。100円ショップで、スプレー瓶を購入します。
そして、ドラッグストアなどで、精製水、グリセリンを購入します。

  • ・精製水 200cc
  • ・グリセリン 20ml(大匙2杯くらいが目安)

を先程の、スプレビンに入れて混ぜるだけです。

好みによって、グリセリンの量は増減してください。しっとりタイプがお好きならグリセリンを多めにしても大丈夫です。自分の好きなように調整できるところが、この手作り導入液の使えるところです。

このブースターを洗顔後、すぐに吹きかけます。また、市販のシートパックペーパーにしみこませて、毎日パックを行います。安価ですので毎日使えますよね。

このブースターをしみこませてのパックは、化粧水をコットンに含ませて、50回くらいパッティングすることと同じくらいの水分量を肌に取り込むことができます。

毎日続けて、1週間くらい続けるころには、ファンデーションのノリが確実に変わってきますよ。

Leave a Comment

Required fields are marked *.